BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 監督日記
  4. インターハイ西部予選リーグ(4月16日)vs城北工業  0-1● 振り返り

インターハイ西部予選リーグ(4月16日)vs城北工業  0-1● 振り返り

vs城北工業(新居高校G 10時00分kick off ※観客制限なし)

城北工業は西部1部リーグに所属しており、磐田西と同様に近年力をつけているチームの一つです。昨年度の選手権では新居高校と同じく4回戦まで勝ち上がり、直近の新人戦では県大会に出場(上位抜け+1回戦Cリーグ所属の格上沼津西に延長の末、惜敗)するなど、勢いのあるチームです。

そのような城北工業とは、近年対戦がなかったため、県大会の沼津西戦の映像を入手し、分析をしました。映像からは、全体的に個の能力が高く、各ポジションにキーマンがきちんといて、隙がないという印象を受けました。また、沼津西戦は城北工業からすると格上のチームとの対戦ということで、細かなシチュエーションや戦術は参考にならないと判断しました。

準備としては、ハイプレス+ショートカウンター、セットプレーを計画していました。しかし、コロナの関係で月〜木までの間、実質、サッカー部員は自宅待機となってしまい、計画を遂行するための準備期間がなくなってしまいました。それでも再開後の金曜日に身体を動かし、翌日の試合に向けて準備しました。

いざ試合が始まると、コンディション不良と風下の影響もあって、押し込まれる展開が続きましたが、いずれも最後の局面の一つ手前でなんとか凌ぎ、簡単には決定機を作らせませんでした。しかし、スコアレスで迎えた前半のアディショナルタイムにDF、GKが処理を誤り、失点。前半の最後の最後に手痛い先制点を献上してしまいました。

後半は、互いにチャンスを作りましたが、最後の決定打を欠き、スコアレスでタイムアップとなりました。結果0-1で敗戦。(決定機 新居4回、城北工業9回)
決勝トーナメント進出に向けて非常に痛い一敗となってしまいました。

決勝トーナメントに行くには、磐田西vs城北工業戦の城北工業の勝利と磐田西を得失点差で上回ることが条件となります。厳しい条件ですが、チーム全員で最善を尽くします!

次戦 4月23日(土)vs大平台 勝利を目指します。応援よろしくお願いします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事